事務所紹介

事務所代表の中小企業診断士 梅原清宏 です。 代表写真

当事務所は、「強みを伸ばす」「強みを守る「強みを伝える強み経営の実践をサポートしています。

※「強み経営」は当社の登録商標(登録第5740110)です。

別のいい方をすると、価値ある会社づくりのお手伝いです。

経営者の高齢化が加速しています。

その結果、事業承継が待ったなしの企業がたくさんあります。

なぜそのような状況になるのかというと、ビジネスは始めるよりも卒業する方が、ずっと難しいからです。

ビジネスを卒業することを出口戦略といいます。

つまり、お子様やお孫様、従業員あるいは外部の第三者などに事業を引き継がせることです。

過剰債務、後継者不在などで、これが難しい状況に陥っている会社が多いのです。

御社は大丈夫ですか?

社長を卒業して、第二の人生を歩めますか?

後継者が不在でも、従業員が継ぎたいといってくれる会社。

第三者が「買いたい」といってくれる会社。

このような会社を価値ある会社といいます。

そして、私は、社長様の価値ある会社作りを外部専門家として徹底的にサポートしています。

当事務所のサービスメニュー・費用

 

事務所情報

事務所名

梅原中小企業診断士事務所(経営革新等支援機関)

設立

2002年4月1日

代表者

梅原清宏

略歴

1957年京都府出身。
京都大学理学部(宇宙物理学専攻)・京都大学文学部(西南アジア史学専攻)卒業。
文学部卒業と同時に起業し、有限会社教育工学研究所(現 強み経営コンサルティング有限会社)を設立。
2002年4月、中小企業診断士登録。梅原中小企業診断士事務所を開設。
大阪豊能地域中小企業支援センターサポーター、兵庫県商工会連合会チーフアドバイザーを歴任。
2007年豊能地域活性化推進協議会地域活性化コーディネーターに就任。
おおさか地域創造ファンド事業を担当する他、新規事業開発、経営革新、事業再生、起業の支援を行っている。
(※おおさか地域創造ファンド事業は、2018年2月末をもって終了)
また、ISMSやプライバシーマークの認定取得コンサルティングでも多くの実績を有する。
最近は、弁護士・公認会計士などと連携して、事業承継やM&Aに力を入れている。
2018年4月、大阪市立大学大学院都市経営研究科都市ビジネスコース教授に就任。

所在地

大阪府高槻市上牧南駅前町3番16号(〒569-0004)

連絡先

電話番号:072-669-1777
メール:kiyohiro@umehara.biz

上手な補助金活用法

  1. 私は平成19年度から、おおさか地域創造ファンド 豊能地域支援事業助成金 を担当する豊能地域活性化コー...
  2. 補助金活用で失敗するケース1)キャッシュがないお金が足りないから補助金でまかないたい。
  3. 補助金活用で失敗するケース前回は、キャッシュがない場合を考えました。
  4. 補助金活用で失敗するケース補助金は精算払いが主ですから、まず支払が先行します。
  5. ちいさな企業が新しい事業に取り組む際に、補助金をどのように活用したらよいかについて、何回かに分けて書...
  6. 「羊頭狗肉」という言葉がありますが、「補助金活用法」というタイトルなのに、だんだん内容がずれてきてい...
  7. 補助金を上手に活用して、新規事業を軌道に乗せた会社の事例を紹介しています。
  8. 新規事業を支援する補助金の活用法・失敗しない方法と活用事例のお話しをしています。
  9. 補助金を活用して新規事業を立ち上げたお話しの続きです。